ガースーとは?

ガースーとは?

ガースーとは?


ガースーとは、菅官房長官のあだ名であり、以前からネット上で使われていた言葉です。


菅官房長官が総裁選に出馬し、地方へ行った際には、実際にガースーと呼ばれているそうです。

本人の反応は?


菅氏自身は次のように受け止めています。

本人のコメント

「ガースーは知っていますよ(笑)。ネット利用者の人たちが『ガースー、ガースー』と言っている。意識したのは、地方に行った時に『ガースー、ガースー!』と呼ばれてね。
まあ、うれしいですよね」



本人も気に入っているみたいですね!


ガースーの名前の読み方は?


ガースーの名前は義偉(よしひで)と読みます。


ガースーの身長は?


ガースーの身長は165cm〜167cmであると言われています。


ガースーの大好物は?


ガースーは「パンケーキ」が大好きだそうです。

そのため、女性から「かわいい」と評判になっています。



ガースーの政策は?


ガースーの政策は、スガノミクスと呼ばれています。


政策

・安倍総理の路線を継承し、発展させる


・日銀黒田総裁の手腕を高く評価している


・消費税の減税は考えていない


・現時点では新型コロナウィルス対策が最も重要だと考えている


・国内大手3社の通信会社の携帯電話料金はまだ下げる余地がある


・地方銀行の数が多すぎるため、積極的な統合も選択肢


ガースーの政策は成功する?


安倍総理の正当な後継として、日銀のETF買入を含む金融緩和政策の継続する可能性は高く、株価は

堅調に推移するのではないでしょうか。


懸念点として、コロナウィルスの感染拡大懸念ですが、菅氏はコロナ対策においても見識があり、安

定感のある政治を行える手腕はありそうです。


ガースー銘柄とは?


ガースー銘柄とは、次の通りであると推測されます。


・NTTドコモ

・KDDI

・ソフトバンク

・楽天


菅首相は携帯電話料金の引き下げに尽力しており、菅氏の発言が株価に少なからず影響を与えている

と推測されるため、通信会社銘柄はスガノミクス銘柄であると言えます。



また菅首相は定例会見において、地方銀行の統合についても言及を行いました。


「携帯料金の値下げ」だけでなく、「地方銀行の統合」についても政策の一部となります。


ゆえに、「地方銀行株」もガースー銘柄であると思われます。


まとめ


ガースーとは」についてまとめてみました。


参考にして頂けましたら幸いです!