デジタル田園都市構想とは【キシダノミクス】

デジタル田園都市構想とは【キシダノミクス】

デジタル田園都市構想とは【キシダノミクス」


「デジタル田園都市構想」とは、地域間格差の是正構想として、1980年ごろに大平正芳首相(当時)が提唱した「田園都市国家」を改良した構想です。

大平派(宏池会)の後継派閥を率いる岸田氏が、感染症にも強い分散型社会実現の手段として復活させる意向です。

岸田氏は党会合で「新型コロナウイルス対策の中で浮き上がってきた課題を加え、成長戦略を考えていく」と述べています。



岸田総理が誕生すれば、キシダノミクスの主として、「デジタル田園都市構想」が採用されるのではないでしょうか。