銀行員の転職が多い理由

銀行員の転職が多い理由

銀行員の転職が多い理由


銀行員の転職が多い理由は以下であると推測されます。


・マイナス金利導入による銀行の本業収益の低下


・過去に購入していた高金利債券の償還(新たな投資先がない)による収益の低


・フィンテック企業との競争による収益の低下懸念


・中長期の人口減少による収益の低下


総括すると、今までのビジネスモデルが通用しなくなるとの見方が大半です。


実際に銀行の経営層は将来に危機感を感じているため、行員の管理職への昇格時期を後にスライドさせており(人件費抑制)、それが転職者増加の一因となっています。